オフィスのパーテーションの変更で雰囲気が大きく変わりました

社内にライバルが居るから視線が気になる

社内にライバルが居るから視線が気になる見通しが良ければ良いわけではない仕切りで快適に仕事出来るようになったオフィスをパーテーションで区切ってプライバシー配慮に努めています

少し前に自分が働いているオフィスパーテーションがレイアウトも含めて大きく変わるという事がありました。
部署移動をする人も多くいて、人事異動も兼ねての大掛かりなモノという事があったので、こうしたことがあったわけですが、これは気分転換にもなりましたし、かなり仕事をする雰囲気が良くなったという事があったので、まず良い事だったという気がしています。
パーテーションである程度の区切りをつけていないと、完全に開放されているという状態では、自分の仕事を監視されているという感じがして、嫌な感じになります。
何でもかんでも見える用にするのがいいというわけではありません。
この人がどのような仕事をしているのかという事は、実は個人にとっても重要な事で、ライバルには見せたくないという事もあるわけです。
特に自分のような、デザインを考えているようなケースでは、机の上にデザインが様々に置かれているということになりますから、近くを通った同僚などがそれを見て盗むというような事も考えられないわけではありません。
同じオフィスで働く同僚という事はあったとしても、評価はこの同僚たちとの競争によって決まるという事もあるわけですから、ライバルに手の内を明かすような感じでの仕事というのはなかなか出来ないわけです。

オフィス パーテーション | オフィスコム